脇の黒ずみケアジェル、アットベリーの美白効果を体験

脇が黒くなってしまった体験と原因

私が脇の下の黒ずみに悩みだしたのは、20代中頃からです。

恥ずかしい話なのですが、私は体質的に脇の下の毛が濃くて多い体質。小学校高学年から早々に生えだしたわき毛なのですが、それを気にするがあまり、若い頃から手っ取り早いケア方法として、カミソリや毛抜きを毎日のように使用し処理を続けていました。

性格的に1本でも毛が残っていると気になるタイプですので、念入りにカミソリを使った後、毛抜きでわき毛を抜く毎日が、脇の下の肌に大きな負担をかけたのだと思います。そのせいで以前からもともと色素沈着しやすく色黒な私でしたが、20代後半からは脇の下の黒ずみに拍車がかかったのです。

脇の下に黒ずみを感じるようになってから辛かったのは、ノースリーブなども脇の下の目立つ洋服を着用する自信がなくなったことです。

脇の下の黒ずみは自分で見てもはっきり分かるような状態でしたから、それが周囲の人に見られること・ばれることを極端に恐れるようになりました。

脇の下を隠したい気持ちが強くなってからは、ビキニなどのファッション性の高い水着を着る自信もなくなり、夏にプールや海に出かけることも少なくなりました。

そんな中で、その当時付き合っていた恋人から何気なく脇の下の黒ずみを指摘された時は、顔から火が出るような思いでしたし、一番知られたくなかった大切な人に、恥ずかしい秘密を知られてしまったようで、プライドが傷つけられ、自分にすっかり自信をなくした思い出があります。

 

みんなはどのような方法で黒い脇を治してるの?

脇の下の黒ずみに悩んだ私が頼ったのが脱毛サロンでした。長く自己流でわき毛の処理を行っていたことが、黒ずみの一番の原因だと感じていましたから、これ以上自己流の処理を行わないで済むようにと、専門のサロンに施術をお願いしたのです。これが功を奏し、施術前の深刻な悩みだったわき毛の悩みからは解放され、それと同時にサロンで黒ずみのケアもしてもらったことで、以前のような深刻な状況からは脱出することができました。

そんな私ですが、現在でも毎日黒ずみケアを続けています。私が使用しているのはアットベリーという黒ずみ専用のクリーム。

私は毎晩入浴後にこのクリームを脇の下に塗布しています。このクリームの良い点は、伸びがよく使い心地がよい所。脇の下は汗が出やすく蒸れやすい場所ですので、クリームを塗布することでべたついたり、かゆみがでたりしないか?と使用前は不安もありましたが、実際使用してみるとさらっとしたクリームは、肌なじみがよく適度な潤いを保ってくれます。

インターネットでしか販売していないので、購入方法としては不便を若干感じますが、使い心地の良さに私はここ1年ほど愛用し続ています。

アットベリーの潤いのせいか、使い続けるうちに毛穴が目立たなくなり、全体的に滑らかな脇の下に変わっていきました。黒ずみもそれと同時に徐々に気にならなくなっていき、改善しているのを実感できます。

脇の下はナイーブな部分・・・それを忘れて無理な自己処理をしていた若い頃に反省しつつ、今後もアットベリーで保湿を中心とした丁寧なケアを続けてゆきたいです。