ニベアクリームを毎日塗って黒い脇を美白した体験

脇が黒くなってしまった体験と原因

中学生ぐらいから毎日、脇毛を電気シェーバーで処理していましたが、大学に入ってから、剃ってから一週間もしない間に、毛ではなく、汚れが詰まったような黒ずみが出てくるようになってしまいました。

私は、昔から夏になると友達と海に行くのが好きだったのですが、大学の友達と海に行っても、本当は水着が着たくてもTシャツで過ごしたり、たまに成り行きで水着にならざるを得ないこともあったのですが、そのときはできるだけ脇を目一杯あげないようにしたりしました。自分で見ても、結構黒ずんでるのが分かってたので、たとえ近くから見られていなくても、意外と目立つんじゃないかと思ったので。友達の脇なんて、そうまじまじと見ませんが、ビーチボールや波打ち際で水のかけあいっこをするとき、ふと見える友達の脇は、自分よりなんとなく白くて綺麗で、羨ましさと恥ずかしさがありました。

原因は、ひとつは大学入学と同時に一人暮らしを始めて、食生活が偏ったりしたことや、睡眠時間が不規則になったこと、それと大学でバドミントンのサークルに入ったのですが、練習のあと、顔の汗こそ拭くものの、脇や体は、他の人の目もあって、きちんと拭いていなかったことなど、数えたらきりがないほど思い浮かびます。それに、シャワーは毎日浴びてましたが、入浴は、面倒くさい日もあったりして、入らない日も多かったと思います。気にしだしてからは、人一倍、清潔にするのを意識し始めました。

 

みんなはどのような方法で黒い脇を治してるの?

私は昔から、スキンケアのとき、化粧水とニベアのクリームを使っていました。そのおかげかニキビなどの肌トラブルにはあまり悩んだことがなかったのですが、脇の黒ずみに悩んでいたとき、もしかしたらと思って、毎日、お風呂上がりに、顔のスキンケアに加え、脇に少量のニベアクリームを塗り込んで就寝するようにしていました。それをなんとなく続けているうちに、気づいたんです。黒ずみが少しずつ無くなってきていると。

具体的には、一日の終わりには、朝に比べて明らかに黒ずんでいるのは相変わらず感じていたのですが、徐々にその回数が減っていって、汚れもだんだん目立たなくなってきたんです。

ニベアクリームを続けて、半年近く経ったとき、ようやく、脇の黒ずみの悩みから解放されました。サークルがあった日でも、黒ずみは目立たなくなりました。一時は、脇毛を処理すること自体に問題があるのかと思い、剃ることに臆するときもありましたが、ニベアが功を奏したようで、今では気兼ねなく、脇毛を剃ったり、海で楽しく遊べるようになりました。

ニベアクリームは、値段も安く匂いもないので継続的に黒ずみに塗りこむことができました。もともと、ニベアクリームで黒ずみが治る確信がなかったので、偶然と言ってもいいのかもしれません。

ただ、ニベアクリームは硬めのクリームなので、お風呂上がりの、脇が水分でしっとりとしているときでないと上手く塗り込めなかったり、脇が乾いた状態で塗ると、綺麗に塗れずにパジャマについてしまいました。